コンプレックスサプリ『気になる商品を体験し評価しました』 »  » ナイトアイボーテ2 口コミと評価は?

ナイトアイボーテ2 口コミと評価は?

読了までの目安時間:約 6分

ナイトアイボーテ2

もし自分が二重まぶたになっていたら、告白してOKだったかもしれないのに…
何で一重まぶたになっちゃったんだろう…
目つきが悪いなんて言われちゃった…

一重まぶたは、中々良い想いをしたという人はそういないです。

そこで誰でも簡単に二重まぶたが実現可能にしたのが、ナイトアイボーテ2です!

特徴

  • 夜専用の二重まぶた美容液

本来のアイプチというのは、外出する時に化粧と一緒にするのが通常なのですがこのナイトアイボーテ2は寝る前に使用するのです!寝ている間にしっかりと二重まぶたの折り目をつけて、翌朝は何もしないまま二重まぶたをキープしてくれるようにしてくれるはずです!

成分

ナイトアイボーテ2には天然の植物成分由来だから安心かつ安全に利用できます!肌あれやかぶれを抑制するだけではなく、保湿成分も含まれているのでしっとりまぶたにしてくれるはずです!

下記の成分についての説明はこちら。

消炎効果

アルニカ花エキス
キク科植物・アルニカの花から抽出したエキス。消炎作用・鎮静作用・保湿・血行促進の作用があり、肌トラブルを防ぐ目的の化粧品に配合されています。

フユボダイジュ
シナノキ(ボダイジュ)の花から抽出されるエキス。消炎作用・鎮静作用・収れん作用があるので肌荒れを防ぎ、キメを細かく整えハリのある肌を維持する目的の化粧品に配合されています。

保湿効果

アルテア根エキス
アルテアの根から得られたエキス。優れた保湿作用があり、刺激の緩和や皮膚の柔軟化のために配合され、敏感肌用化粧品に使われることが多い成分です。

ボタンエキス
牡丹の根皮から抽出したエキス。肌荒れ対策や保湿・鎮静作用・消炎作用・血行促進作用の働きがあります。

口コミ

 
あれだけ腫れぼったい二重が…今まで何を使ってもすぐ戻ってしまうこの一重まぶた。しかしこのナイトアイボーテに出会ってから二重を維持できています!決めてなのはやはり寝ている間なのでまぶたをま瞬きで動かさないので、二重の折り目を余計な動作で邪魔をされないというのが強いかなと思います。
 
高校生なんですけど、やっぱり一重から二重になりたいと思ってずっとテープなどで二重にしています。しかし、この寝ている間に二重にするナイトアイボーテに興味を持ってアルバイトでお金を貯めて購入してみました!普通のアイプチとかだったら1000円以内で購入出来たけど、ちょっとした出費です。でも評判が良いので買って正解でしたっ!届いた初日にお風呂あがりにナイトアイボーテをして就寝。翌朝、ノリを剥がしてみると、しっかりと二重ラインが作られていました!これでデカ目コンタクトとナイトアイボーテは必須アイテムになりました!
 
男子中学生です。女子にモテるにはやっぱり、目を二重にしたいという気持ちが強くなってきました。だけど男子がアイプチなんてしているのを友達や女子に見つかってしまったら恥ずかしくてたまらない…そこでナイトアイボーテを知りました。寝ている間に二重の折り目をつけるのであれば誰にもバレる心配はない!そこで早速お金をかき集めて購入。届いたその日にナイトアイボーテを付けて寝て、朝起きるとばっちし二重になっていました。何で二重になったのと女子とかに騒がれましたが寝不足で何か二重になってしまったと適当な事をいって信用させています(笑)もちろん日中は付けていないのでそれで信じてもらっています!本当にナイトアイボーテに出会って良かったなと思っています。

まとめ

ナイトアイボーテ

  • 商品名:ナイトアイボーテ
  • 価格:通常販売価格4860円が定期購入だと2980円
  • 内容量:3ml
  • 生産国:日本
  • 成分:エタノール、水、(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー、BG、DPG、グリセリン、メチルパラベン、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、サクラ葉エキス

定期購入の方がすごい安いんですけど、万が一合わない場合は1回で解約してもいいんですか?
もちろん1回だけで解約しても可能なようです。なので定期から購入した方が1000円以上も安くなるのですからお薦めです。

中学生なんですけど、使用に年齢制限とかありますか?
ないので全く問題ないです。ただノリを剥がす際は、強くこすったりせず優しく洗い流しながら取りましょう。

使用期限とかはあるのですか?
口に含むものではないので、使用期限などはないですが直射日光や室温が高い場所での保管はやめましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

人気記事TOP5
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ